ジャック・ニコルソンの館へようこそ
作品レビューDVDコレクションジャックとオスカー未公開映画集縁の監督・俳優ニコルソン語録動画TOPIXBBSLINK映画感想

revue

  60年代の映画
リトル・ショプ・オブ・ホラーズ(60)
忍者と悪女(63)
古城の亡霊(63)
旋風の中に馬を進めろ(66)
銃撃(66)
爆走!ヘルズ・エンジェルス(67)
聖バレンタインの虐殺/マシンガン・シティ(67)
白昼の幻想(67)
ジャック・ニコルソンの嵐の青春(68)
イージー・ライダー(69)

 
70年代の映画

晴れた日に永遠が見える(70)
ファイブ・イージー・ピーセス(70)
愛の狩人(71)
キング・オブ・マーヴィン・ガーテン(72)
さらば冬のかもめ(73)
チャイナタウン(74)
さすらいの二人(75)
Tommy/トミー(75)
おかしなレディキラー(75)
カッコーの巣の上で(75)
ミズーリ・ブレイク(76)
ラスト・タイクーン(76)
ゴーイング・サウス(78)

 
80年代の映画

シャイニング(80)
郵便配達は二度ベルを鳴らす(81)
レッズ(81)
ザ・ボーダー(81)
愛と追憶の日々(83)
女と男の名誉’85)
心みだれて(86)
イーストウィックの魔女たち(87)
ブロードキャスト・ニュース(87
黄昏に燃えて(87)
バットマン(89)

 
90年代の映画

お気にめすまま(92)
ア・フュー・グッドメン(92)
ホッファ(92
ウルフ(92)
クロッシング・ガード(95)
マーズ・アタック(96)
ブラッド&ワイン(96)
夕べの星(96)
恋愛小説家(97)

  2000年代の映画

プレッジ(01)
くたばれ!ハリウッド(02)
アバウト・シュミット(02)
N.Y.式ハッピー・セラピー(03)
恋愛適齢期(03)
ディパーテッド(06)
最高の人生の見つけ方(08)
幸せの始まりは(10)



ジャック・ニコルソン
HAPPY BIRTHDAY♪ 祝79才!(2016.4.22)

ジャック・ニコルソン


歴代オスカー受賞俳優の長者番付トップにジャック

グローバル資産管理会社のWealth-Xが、歴代オスカー受賞俳優の長者番付を発表したと経済情報サイトのBusiness Insiderが伝えている。

オスカー俳優で長者番付1位になったのは、資産額約3億9千万ドル(約398億円)のジャック・ニコルソン。『愛と追憶の日々』(83)で助演男優賞を、『カッコーの巣の上で』(75)と『恋愛小説家』(97)で主演男優賞を2回受賞しているニコルソンは、男優としては最多になる12回ノミネートされており、アカデミー賞の常連として知られている。

2位は資産額約3億5千万ドル(約357億円)のトム・ハンクスで、彼は『フィラデルフィア』(93)と『フォレスト・ガンプ 一期一会』(94)で2回主演男優賞を受賞している。

3位は資産額約3億1千万ドル(約316億円)のロバート・デ・ニーロ。彼は『ゴッドファーザー PART II』で助演男優賞を、『レイジング・ブル』(80)では主演男優賞を受賞しており、1位から3位になった男優たちはいずれも2回以上のオスカー受賞を経験した者たちだ。

さらに、デ・ニーロと同じ資産額約3億1千万ドルで3位に入り、女優で最高位になっているのが『ファニー・ガール』(68)で主演女優賞を受賞したバーブラ・ストライサンド。以下、5位はショーン・コネリー、6位はジョージ・クルーニー、7位はマイケル・ダグラス、8位はアンソニー・ホプキンス、9位は同資産額でロビン・ウィリアムズとサンドラ・ブロックとなっている。【UK在住/ブレイディみかこ】2014年3月


newsジャックとトム・クルーズがダグ・リーマン監督の新作で共演か?!

ダグ・リーマン監督の新作『エル・プレシデンテ(原題) / El Presidente』に出演するトム・クルーズが、元大統領役にジャック・ニコルソンを熱望していることがThe Hollywood Reporterによって明らかになった。

 本作に登場するのは、前大統領の死に伴い、副大統領から昇進していた、アル中で女たらしの堕落した元大統領と、彼に仕えるシークレットエージェント。エージェント役のトムは、自らの命にも関わる事態に直面し、任務を全うせざるを得ない状況に陥るという、コメディータッチの作品だ。

 企画は2010年から準備が進んでおり、当初ジャックはキャスト候補に挙がっていたものの、実現には至らなかった。しかしこのたび、トムが「ジャックが出演しなければ、自分も出ない」と自宅まで直談判に出向いたとのこと。ほぼリタイア状態のジャックだが、脚本に目を通すことを約束したらしい。 トムとジャックは、1992年の『ア・フュー・グッドメン』で共演している。© 2013 Welva Corp. All Rights Reserved.


先日、ジャック・ニコルソンの引退が報道され、その理由がセリフを思い出せない記憶障害のためだと伝えられたが、ニコルソンはThe Sunの取材でそのうわさを否定した。

 ジャックは、「死ぬまでもう仕事をするつもりはない。でも、記憶障害が原因なんじゃない」ときっぱりとうわさを否定。さらに「自分には数学者の脳が備わっているんだ」とコメントしており、セリフを覚えるための記憶力にまったく問題がないと明かしている。

 代わりにジャックは、「もう情熱がないんだ。かつてはあった。でも今はもうない。もう表舞台に立つ必要はないよ」と、演技への情熱が失われたことを話している。

 また、「僕は人々を感動させられる映画、人間や感情を描いた作品を作りたいと思っているけれど、今の20代、30代の人たちが見たいものは爆弾とか何かが爆破されるやつで、僕はそんな映画を作る気はないんだ」とも語っている。 (シネマトゥデイ)



newsジャックの広報が引退を否定!!!
NBCテレビがジャックの広報に問い合わせた情報として、「現在もよい脚本があれば、映画への出演意欲は変わっておらず、痴ほう症も記憶障害もない」とのコメントを明らかにし、引退報道など、すべてがでたらめな情報だったことを明かしている。


news引退の真偽については不明
アメリカを代表する名優ジャック・ニコルソンの引退が報じられ、その真偽をめぐって海外メディアが情報合戦を繰り広げている。

衝撃的なニュースは半信半疑の状態のまま瞬く間に拡散したが、すぐさま誤報であると主張するメディアが多数出てきた。その中でも有力なのが、米3大ネットワークのひとつ、NBCのマリア・シュライバー氏がエンタメ系ニュースサイトE!Onlineに語った「記憶障害を理由に引退するというのは100%嘘で、現時点で引退する予定はない」という趣旨のコメント。また、ニコルソンに近い別の人物が、ニコルソンは積極的に脚本に目を通し、次回作を探しているとも話しているようだ。ニコルソン側から、引退や今回の騒動についてのコメントは発表されていない。(2013 9.10)


newsジャックが引退?
映画『シャイニング 』『イージー・ライダー』などで知られる俳優のジャック・ニコルソンが、76歳にして役者業から引退したと報じられた。

 50年以上のキャリアを誇る名優が、公式声明もなしに引退したとRadarOnline.comが報じている。ハリウッドの業界関係者は同サイトに「ジャックは引退しました。ファンファーレもなしにね。理由は単純で、記憶障害です。率直に言って、ジャックは記憶力に問題を抱えています。自分の番がまわってきても、セリフが出てこないんです。彼に以前のような記憶力はありません」と語ったという。

 ジャックはその役者人生において、アカデミー賞に12回ノミネートされ、『カッコーの巣の上で』『恋愛小説家』で主演男優賞、『愛と追憶の日々』で助演男優賞を獲得。また1989年公開の『バットマン』では、悪役ジョーカーを演じて強烈な印象を残し、「特にジョーカー役でのパフォーマスを誇りに思っている。一種のポップアートだと考えているよ」と語っている。

 現在のところジャックの役者としての最後の出演作は、リース・ウィザースプーンやオーウェン・ウィルソンが出演した『幸せの始まりは』となる。(BANG Media International)


こんな日が来ることはわかっていましたが、現実を突きつけられると、ショックです。内容の真偽は定かでありません。誤報でありますように!(2013 9 5)


ジャック・ニコルソン

HAPPY BIRTHDAY♪ 祝76才!(2013.4.22)



ジャック・ニクルソンとロバート・ダウニー・Jr


☆ジャックが、新作『ザ・ジャッジ(原題) / The Judge』で、ロバート・ダウニー・Jrの父親役の候補に挙がっていることがThe Hollywood Reporterによって明らかになった。

 これは、ワーナー・ブラザースのもと、ロバート・ダウニー・Jrが企画している映画で、ロバートは妻スーザン・ダウニー、さらに映画『ホワイトアウト』のデヴィッド・ガンビーノと共に製作を担当することになっている。監督は、映画『シャンハイ・ナイト』や『ブラザーサンタ』のデヴィッド・ドブキンがメガホンを取ることになっている。脚本は、映画『グラン・トリノ』のニック・シェンクが執筆していたが、現在はビル・ドゥビュークが改稿しているようだ。

 そのストーリーは、殺された母親の葬儀のために故郷に戻ってきた弁護士(ロバート・ダウニー・Jr)が、アルツハイマー病を患った裁判官の父親が、実は母親の殺人容疑をかけられていることを知り、真実のつかむために疎遠になっていた父親と家族に近づいていくというドラマ作品。そしてこの度、ワーナー・ブラザースはこの父親役に、ジャック・ニクルソンを候補に挙げているようで、ロバート・ダウニー・Jrは、今週末に正式にジャックと交渉に入る予定でいるようだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)
11月16日



☆ソフト化されていなかった『ラスト・タイクーン(76)』のDVDが発売されました。

訃報 ジャック主演作『心みだれて』(86)の原作者で脚本を担当したノーラ・エフロンさんが、肺炎のため、6月26日、ニューヨークで死去しました。享年71。


HAPPY BIRTHDAY♪ 祝75才!(2012.4.22)

News 英Total Film誌が発表した「映画史に残る演技ベスト200(The 200 Greatest Movie Performances of All Time)」の第1位に選ばれたのは、アカデミー賞の作品賞ほか主要5部門を制した『カッコーの巣の上で』(75/ミロス・フォアマン監督)に主演したジャックの演技でした!(2012年4月)

News ジャックが別荘を売却したそうです。
Realtor.comによれば、ジャック・ニコルソンはコロラド州アスペンに所有する物件を1500万ドル(約12億900万円)で市場に出したという。 1987年に米国国家歴史登録材に認可された同スキーリゾートにあるその物件は、8つの寝室、5つのバスルームを備え、ハーラム湖を臨めるという。5790平方フィート(約163坪)の敷地には、2階半建ての邸宅と、家の全体的なデザインにマッチするように立てられた珍しい離れを擁する。 緑の切妻造のこの邸宅は、もともと1895年に初期アスペンの住人であったウィリアム・ショー氏のために立てられたもの。ジャックの姿がこの別送で目撃されたのは、22歳の娘ロレインさんと過ごしたクリスマスの期間が最後だ。 ジャックは、昨年にも1977年に購入したカリフォルニア州マリブの家を425万ドル(約3億4300万円)で売却している。その70エーカー(約8万5700 坪)にもなる豪華な屋敷には、牧場風の母屋に、テニスコート、緑の芝生、スイミングプール、洞穴風のスパなどを備える。また、海と山とを見渡せる2313平方フィート(65坪)の広さを誇る住居スペースには、3つの寝室、2つのバスルーム、メイド用の部屋があった。(2012年4月)


ジャック・ニコルソン&アダム・サンドラー

ジャック・ニコルソンがアダム・サンドラーとバスケのロサンゼルス・レイカーズの試合を観戦しました。レイカーズがクリーブランド・キャバリアーズを破った一戦です。(2012年1
月)

News ジャックが所有する米ロサンゼルス・ハリウッドヒルズの邸宅で9月9日、火災が発生し、ほぼ全焼しました。同邸は1975年以降はずっと人に貸し出されており、現在はウィリアム・タイナンが住んでいました。タイナンは火災発生時、在宅していたましたが、無事に脱出。しかし家財をすべて失ったため、今はニコルソン邸に身を寄せているそうです。

News ジャック・ニコルソン版ジョーカーのフィギュアがついに完成!トイ業界史上、最高額とも思える契約金を支払うことで、ジャック本人の監修が実現しました。全高約30センチ、30箇所以上が可動する仕様です。

ジャック・ニコルソンのフィギュア

【価格】税込28,000円
【発売予定】2012年3月
【付属品(武器)】ロングピストル、蘭の花
【付属品(アクセサリー)】拡声器、ガスマスク、トランシーバー、コントローラー、オモチャのピストル、入れ歯のオモチャ、札束(x4)、トランプ(ジョーカー)、帽子、ステッキ、差し替え用ハンドパーツ(x6)


News 『幸せの始まりは』のDVD&Blu_rayが2011年7月13日に発売されました♪本編とともに映像・音声特典も楽しみましょう。未公開シーン集のジャックの変な帽子に注目!NGシーン集では素のジャックが見れますよ。

Happy Birthday Jack!
4月22日はジャックの74歳の誕生日♪今年の2月、『NBAオールスター』を観戦するジャックの姿がwowowで流れました~!

★new 幸せの始まりは』のレビューをアップしました。

プレミアでのジャック・ニコルソン 『幸せの始まりは』のプレミア上映会が12月13日、米ロサンゼルスで開催されました。













クライ・ベイビー・キラー宣伝用ポスター

本名: ジョン・ジョセフ・ニコルソン JACK NICHOLSON
彼の人生にはさまざまな名前が出てくる。(ニックネーム、芸名、養子先の名前に偽名など)姓もニコルソンではなくドウとしたほうがいいのかもしれない。ジャックの家系図は謎に包まれている。一族に受け継がれてきたものは、秘密、放浪癖、アルコール中毒やドラッグ中毒。また、ジャックには出生の秘密があった。実の母親を姉として、祖母を母親として育てられている。

生年月日: 1937年4月22日。出生場所はニューヨークのセント・ビンセント病院とか、ベルビュー病院とか、あるいはネプチューン・タウンシップのジャージー・ショア・メディカル・センターとか記事によってさまざまだが、出生に関する確かな証明書は見つかっていない。10代の頃の夢はスポーツ・コラムニストかラジオのアナウンサーになることだった。そんな彼が突如、ハリウッドを目指す。1954年9月、17才のジャックはロサンゼルスの地を踏みしめる・・・・。

当初は姉であり母でもあるジューン・ニコルソンの小さなアパートに転がりこみ、おもちゃ屋でアルバイトをして当座をしのぎ、ビリヤード場に入り浸っては海岸をぶらついていた。そんな彼にジューンは、将来役立ちそうな仕事に就くようにと、口うるさく言ったらしい。何度かの言い争いのあと、ジューンはジャックをアパートから追い出してしまう。
1955年7月には、ジャックはもう「ただ遊びに来ている」だけではなくなっていた。この月に父親と信じていたジョン・J・ニコルソンがガンで亡くなっているが葬儀には出席していない。ちょうどその頃、ハリウッドで最も権威のある映画会社のひとつ、メトローゴールドウィンーメイヤー(MGM)でメッセンジャー・ボーイ(使い走り)の仕事に就いたばかりで故郷へ戻る旅費も時間もなかった。

1956年初春のある日、ジャックはプロデューサーのパステルナークにスクリーン・テストを受けてみないかと声をかけられる。しかしテストはうまくいかなかった。ニュージャージー特有の、高い調子でしゃべる癖が禍したのだ。スクリーン・テストで大失敗したあと、19歳になったばかりのジャックは初めておそるおそるプロへの道を探りはじめた。マネジメントを代行してくれるエージェントと契約し、いくつかのオーデションを受ける。その頃、リングという劇団に入り、演技の勉強を始めている。リングに入ると、学びたいという思いや、演技をしたいという気持ちが募り、演技への絶対的な熱意と愛情を深めた。ジャックが出演した最初で最後のリングの舞台は、ブロードウェイで大ヒットしてその年の初めにMGMで映画化された「お茶と同情」。(映画版へは出演していない)

初主演映画は『クライ・ベイビー・キラー』(1958年)。これはティーンエイジャーもので、今もって真価を認められていない作品のひとつである。続いて同様に低予算で10代のトラブルをテーマにした『Too Soon To Love』(1960年)、『ダーティライダー』(1960年)、メジャー・スタジオでのデビュー作となった『スタッズ・ロニガン』(1960年)」に出演している。(いずれも日本未公開、DVD未発売)

ジャック・ニコルソンとアメリカン・ニューシネマ
1967年12月8日号のタイム」誌が『俺たちに明日はない』を特集し、その見出しにニュー・シネマという言葉を使ったときが、ジャーナリスティックな意味でのニュー・シネマの登場であり、風俗的には1969年の『イージー・ライダー』、質的には1969年の『ファイブ・イージー・ピーセス』で頂点をむかえたとするのが一般的なとらえ方である。となれば、ジャックはアメリカン・ニューシネマの申し子と言えよう。あれから40年、時代とともに評価されてきた演技の質。どの役柄においても、既に彼の分身となっている役を彼自身が演出しているかのようだ。その圧倒的な存在感をもって今なお第一線で活躍していることをファンとして誇らしく思う。

チャイナタウンでのジャック・ニコルソン

ジャック・ニコルソンが出演を断った映画
70年代初めに断った役の中には『スティング』の主役、『ゴッドファーザー』のマイケル・コルレオーネ役、『華麗なるギャツビー』のジェイ・ギャツビー役なども含まれていた。その中でも彼が最もひかれたのはギャツビーだった。「ボブ(ロバート)・レッドフォードだったら俺の方が似合っていたと思うね。」数年後、残念そうに言った。「彼は特権階級の人間って感じがするじゃないか。どんなものでもなぎ倒して自分の道を切り開いて、這い上がろうとする奴には見えないよ。それに、あの容姿なら必死になってカッコつける必要もないし」。
『ゴッド・ファーザー』については慎重だった。おそらく監督が『古城の亡霊』を撮ったフランシス・フォード・コッポラ(ロジャー・コーマンと共同監督)だということを心配したためと思われる。それにイタリア訛りが必要なことも気になった。一方、「スティング」の場合「時代背景は好きだったが、本当に自分の力が必要とされている映画にエネルギーを注ぎたかった」と言っている。

結婚と離婚
ジャック・ニコルソンとサンドラ・ナイトは1962年6月17日に結婚した。式はユニテリアン・ユニバーサリスト派の牧師によって執り行われている。サンドラ・ナイトはペンシルベニア生まれのカリフォルニア育ちで、テレビや映画で脇役ながらいくつかの目を引く役を演じていた。『Thunder Road』でのロバート・ミッチャムの娘役もそのひとつである。結婚から1年後には娘が誕生。2、3年の間は結婚生活は順調だったが、やがてお互いの矛盾というものを認めるようになり別居、1968年に離婚している。
  作品情報

クライ・ベイビー・キラー(58)
Too Soon Love(60)
ダーティライダー(60)
スタッズ・ロニガン(60)
ザ・ブロークン・ランド(62) 
ミスター・パルバー(64)
 
バック・ドア・トゥ・ヘル(65) 
フライト・トゥ・フューリー(66)
 
レベル・ルーザーズ(67) 
ドライブ・ヒー・セッド(71) 
ア・セーフ・プレイス(71)




ザ・モンキーズ HEAD! 恋の合言葉
製作:ボブ・ラフェルソン、ジャック・ニコルソン
監督:ボブ・ラフェルソン(一部ジェームズ・フローリー)
脚本:ラフェルソン、ニコルソン 
撮影:マイケル・ユーゴー レイバート
コロンビア映画上映時間:86分
1968年






copyright © ジャック・ニコルソンの館 all rights reserved.